五感に響く体験を。白井屋ホテルを味わい尽くす一泊二日ステイレポート

群馬・前橋に泊まる。
その滞在に、みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか。県庁所在地である前橋はビジネスで訪れる方も多く、白井屋ホテルがある市内中心地は宿泊地といえばビジネスホテルがほとんどです。白井屋ホテルが気になる……と思いつつも、前橋で何をしたらいいのか、時間を持て余してしまうのではと心配に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その心配はご無用です。なぜなら、白井屋ホテルの中だけでも一泊二日引きこもってしまうほど、見どころがあるから! 本記事では、白井屋ホテルで過ごす一泊二日を写真たっぷりでお届けします。白井屋ホテルでの滞在をしっかりイメージトレーニングしたら、ぜひ実際に遊びに来ていただけると嬉しいです。

さぁ、非日常の空間へ

ホテルエントランスのチェックインカウンター後ろに佇むのは、現代美術作家・杉本博司氏の海景シリーズ《ガリラヤ湖、ゴラン》。モチーフはキリストが湖上を歩いた奇跡の土地だといわれている、イスラエル北部のガリラヤ湖、巡礼地として有名な湖です。

©Katsumasa Tanaka

チェックイン後にまず堪能したいのは、やっぱりホテルの客室。全25室の客室内にはそれぞれ違うアート作品が設えられており、いわば貸し切りの美術館でそのまま夜を過ごすような感覚です。時間を気にせず思う存分アートのある空間を味わえる贅沢は、アートホテルならではの経験と言えるでしょう。

この日宿泊したのはヘリテージタワーのデラックスルーム。客室ごとに異なるアート作品を楽しむことが出来ます。この部屋には廣瀬 智央氏の作品が3つ飾られています。

建物自体はもちろん、館内あちこちでアートに触れることが出来る白井屋ホテル。部屋で一息ついたら、館内の探検にでかけましょう。

建築家・藤本壮介氏が手掛けた建築、内装もぜひじっくり堪能を。まるで無限回廊のような吹き抜けエリアは宿泊者のみが立ち入り可能。夜と朝とでぐっと表情を変えるので、いろんなタイミングで吹き抜け散歩をしてみてください。宿泊しないと撮れないアングルでの記念撮影はマストです!

ラウンジと侮るなかれ。至高のディナータイム

お楽しみのディナーは、4フロアぶち抜きの吹き抜けにレアンドロ・エルリッヒ氏のインスタレーション《Lighting Pipes》が印象的な、『the LOUNGE』にて。実はこのラウンジでは、アラカルトだけでなくディナーコースもオーダー可能なんです。

まずは「十石味噌(群馬県上野村地域で作られる麦みそ)のケークサレ」から。一緒にオーダーしたドリンクは白井屋ホテル自家製のレモネード。ローズマリーが爽やかに香ります。

続いて「白井屋オリジナルサラダ」。アラカルトでも人気の看板メニューで、アンディーブ、砂肝に半熟卵がとろり!チーズもたっぷりでおつまみにも最適な食べごたえ抜群のサラダ。

コースは全7品で¥6,500(サービス料別)。写真でサイズ感が伝わるか心配ですが、サラダもこれで一人前です。お皿の大きさはおよそ30cm、もうそろそろお気づきかもしれませんが、このコース、かなりお腹いっぱいになるボリュームです。

メインは群馬のブランド牛、「赤城牛のランプステーキ」。希少部位のランプは、肉本来の旨味がぎゅっと詰まっています。

ステーキの後はさらに〆のカレーでもうお腹は限界!だけど、デザートは別腹ですよね。コースには『the PATISSERIE』のタルトにコーヒーまたは紅茶のドリンクまで。タルトはその日のおまかせになるので、お楽しみに。

品数・ボリュームともにたっぷりのディナーコースは2〜3時間程度で想定しておいてください。前後のプランに合わせて、事前予約をするのが吉。大満足でラウンジを後にします。

一日二組限定!本格フィンランドサウナを貸切で

実は先程のディナータイム、ノンアルコールで臨みました。ラウンジの豊富なアルコールメニューに目移りしっぱなしでオーダーしたい気持ちは山々でしたが、ぐっと我慢したのは、ディナー後にホテル内のサウナを予約していたからなのです。

グリーンタワーを登っていくと、中腹に三角屋根の小屋が現れます。こここそが白井屋ホテルこだわりのフィンランドサウナで、1日2組限定の貸切にて利用可能です。サウナの一段下にある更衣室で着替えたら、いざサウナへ!

広々とした更衣室。タオルやアメニティは一式揃っているので、客室から手ぶらでやってきてOKです。逆サイドにはシャワー室が2つあります。

ガウンもしくはサウナポンチョ(現在準備中)をまとったら、ひのきのサンダルをつっかけてグリーンタワーを登ります。

カードキーで扉を開けた先には、サウナと水風呂がスタンバイ。コンパクトながらも、サウナを堪能するにあたって欲しい物が全部揃っている印象です。

水風呂の手前にはなんと製氷機もあり。深さもしっかりあるので、通常のサウナや銭湯では禁止されていることの多い水風呂へ潜ることだって出来るのは、貸切ならではの贅沢。

サウナ室の室内。中央にはフィンランドのミサ社のサウナストーブが鎮座しており、砂時計と温度計も完備。木桶に水を汲んでともにサウナ室に入ればロウリュし放題!広さ的には、一度に3名程度なら入れそうです。

アロマは3種類用意。お好みの香りにブレンドして、ロウリュ用の水に加えて利用できます。筆者は序盤はメリッサフルーツとユーカリを1:1で、後半はカモミールを使用しました。

水風呂の手前には、常温と氷水でキンキンに冷えた水がスタンバイ!このサウナのルールを考えたのは、サウナーに違いありません。

他の利用客のことを気にせず、自分の好きなように室内をカスタムできるのが貸切サウナの嬉しいところ。アロマを好みの配合で混ぜた水をサウナストーンにかけ、ロウリュを繰り返した部屋の温度計は一時110度を超えたほど!さらさらとした汗がドバドバ流れてきます。サウナの営業時間は16:00 – 18:00 / 20:00 – 22:00の二部制で、一日二組のみ利用可能。宿泊の方のみのお楽しみとなるため、ぜひ体験してみてほしいです。また、フィンランドサウナの他にミストサウナもあり。お好みに合わせてチョイスしてください。

近年なにかと話題のサウナ。あなたのまわりにもサウナー(サウナ愛好家)が出現していることかと思いますが、みなさん口を揃えて言いませんか?「サウナの醍醐味は外気浴だ」と。私自身もこれまで割とサウナに行ってきたものの、実は外気浴にそこまで重きをおいてこず、なかなかその言葉が理解できなかったのですが……見てください、この絶景外気浴スポット!これは外気浴に目覚めないほうが無理でした。
芯まで温まった体と夜風は相性抜群。奥には宿泊者限定で見ることが出来る宮島達男氏のアート部屋があり、グリーンタワーを照らす数字のライティングが外気浴をよりスペシャルな時間にしてくれます。この外気浴こそ、白井屋ホテルでしか味わうことのできないサウナ体験の真髄かもしれません。

汗をさっぱり流したら、サウナのため我慢していたアルコールを解禁!サウナ後の一杯は格別、こだわりの家具に身を委ね極上のリラックスタイムを味わいましょう。ラウンジの吹き抜けにめぐる《Lighting Pipes》は時間帯によって光の色が変わることも。あなたが滞在するときはどんな表情を見せるのか、ぜひ楽しみにしていてください。

また、白井屋ホテルの周辺は前橋きっての飲み屋街のため、ふらりと近所に飲みに行くのもおすすめです。どこに行こうかお悩みの方は、スタッフに気軽に尋ねてみてください。きっと、とっておきの一軒を教えてくれるはず。

こだわりアメニティで快適な夜を

夜もふけ、程よい時間になったらそろそろ部屋に戻りましょう。なぜならせっかくの客室を堪能する時間が短いのはもったいないから!です。メイクを落とし、お風呂に入り、部屋着に着替えてくつろぎタイムを。それらの時間を彩るアイテムや設えに抜かりはありません。

白井屋ホテルのアメニティは余計なビニールを使用していません。

歯ブラシは珍しいバンブー素材。

また、シャンプーやボディソープ、スキンケアなどはオーガニックのスキンケアブランド『OSAJI』を採用しています。実は群馬生まれの『OSAJI』、ハーブの健やかな香りに包まれて、心身ともにリフレッシュ。

クレンジングから化粧水、フェイシャルゲルまでスキンケアも一通りスタンバイ。

バスルームアメニティももちろんOSAJI。パッケージは白井屋ホテルオリジナル。

ちなみに、シティホテルはお風呂がイマイチで……と思っている方に朗報です。白井屋ホテルの客室には広々とした浴槽が全室に用意されており、湯船にゆったり浸かることができます。お風呂の設えは客室によって大きく違うので、宿泊時の楽しみにしていてくださいね。

部屋着は上下セパレートタイプ。ホテルによくあるワンピースタイプのスリーパーだとめくれて冷えてしまうという方、実は多いのではないでしょうか?パジャマとは別に、バスローブも用意されています。

クローゼットの中には持ち帰り可能の白井屋ホテルオリジナルのランドリーバッグが。横50cm×縦60cmほどの大容量なので、エコバッグ代わりに利用しても。

ホテルで一番贅沢な瞬間は、もういつでも寝られるという状態になってから訪れると思うのです。すぐ横になれる状態で、ゆったりとした時間をすごす…。部屋にはアートがあり、気持ちのいいゆったりソファもある。ミニバーには気の利いたお酒に、お茶やコーヒーもちょっとうれしいセレクトのものが揃っている。それらをお供に、眠りにつくまでのひとときを味わってみてはいかがでしょうか。

奥にはバルミューダのケトルとBluetoothスピーカーが。好きな音楽を流してティータイムをどうぞ。コーヒーはコーヒーロースター『Single O(シングルオー)』のドリップを用意しています。

部屋をじっくり楽しむタイプのホテルだとなおさら気になるのが、ミニバーのラインナップ。アルコールは群馬の川場ビールなどニクいセレクト。

体よろこぶ朝食を明るいラウンジで

ふかふかのベッドでいつまでも寝ていたいのは山々ですが、お待ちかねの朝食タイムのため、ラウンジへ向かいましょう。その際はぜひ、エレベーターではなく吹き抜けの階段を使ってラウンジへ降り立つのをおすすめします。天窓から光が差し込み、ホテルの違う表情を見ることが出来るはず。

全メニューに共通するフレッシュジュースは、毎朝『the LOUNGE』で絞っています。この日はパイナップル。

「オムレツ/上州麦豚ベーコン&ソーセージ」をオーダー。前橋・赤城山で養豚とシャルキュトリを手掛ける『HUTTE HAYASHI(ヒュッテハヤシ)』さんのベーコンとソーセージにとろっとろのオムレツ、美味しくないはずがありません。これにスープとパン、ドリンクがついて、ゆったりとした朝の時間を楽しめます。

朝食メニューは「群馬野菜とデリサラダ」、「スモークサーモンのアボカドトースト」、「オムレツ/上州麦豚ベーコン&ソーセージ」、「和朝食」(季節によってメニューは変動します)の4種類からチョイス出来ます。モーニングの時間帯(7:00-10:00)は宿泊以外のゲストも利用可能、朝のラウンジは緑が輝いてとても気持ちがいいので、白井屋ホテルの朝を地元の方もぜひ体感してみてください。

朝のラウンジは光と緑が気持ちよく、まったりしてしまうこと必至なので、朝食は1時間くらいかけてゆったり過ごすのが吉。チェックアウト後どこに行くか、どう過ごすかの作戦会議をするのもいいですね。群馬県には、温泉や自然はもちろん、他にもぜひ行ってほしい見どころスポットがたくさんあるんです。行き先がなかなか決まらない!という方は、ホテルスタッフにも尋ねてみてくださいね。

 

帰る前にはぜひ、『the PATISSERIE』に立ち寄ってみてください。2時間程度までであれば保冷剤をつけて持ち帰ることも出来ますし、前橋には大きな公園も多いので、ピクニックがてらタルトを頬張るなんて楽しみ方もおすすめ。

名残惜しい気持ちを抱えつつチェックアウト。白井屋ホテルで過ごす一泊二日、盛りだくさんコースでお届けしましたが、いかがでしたか? 白井屋ホテルの客室はそれぞれがとても個性的なので、どの部屋で過ごすかによってまた時間の使い方も変わってくるかと思います。今回の一泊二日ではホテルの中を目一杯楽しみ尽くすということでホテルから外に出ないステイプランでしたが、白井屋ホテルは前橋の中心に位置しているので、少し足を伸ばして近所の散策を組み合わせるのもオツなもの。
白井屋ホテルをどう使うかは十人十色。ぜひ、あなたならではの白井屋ホテルの楽しみ方を見つけてください。

 

Text & Photo / Ayumi Yagi

 

※メニューや内容は2021年5月現在のものです。時期により変動する場合がございます。

PICK UP

CATEGORY

TAG

Alas, this website is best experienced vertically.
このサイトは垂直方向の表示でご覧ください。