DINING & FOODSthe RESTAURANT

東京青山の「フロリレージュ」のオーナーシェフ川手寛康氏が監修する白井屋ホテルのメインダイニング。
地元群馬出身の片山シェフが、「フロリレージュ」をはじめとする
国内外の名店での2年間にも及ぶ研修を経てキッチンに立ちます。
上州の食文化に対するオマージュ、地元の大自然に育まれた食材の数々を、
独自の解釈で再構築する一皿一皿はまさに上州キュイジーヌと言えます。

ランチ
⼟⽇祝⽇のみ
12:00-14:30 (13:30 最終⼊店&ラストオーダー)

ディナー
年中無休
営業時間:17:30-22:00 最終入店19:30
※要予約

白井屋ホテル内 ヘリテージタワー 1F
電話:027-231-4618

shiroiya_therestaurant

FAN x DALCUORE at SHIROIYA

⽩井屋ザ・レストランにおいて、フランス発祥の本格レストランガイド『ゴ・エ・ミヨ2022』に 掲載された「FAN X DALCUORE(ファン・ダルクオーレ」と「⽩井屋ザ・レストラン」の饗宴を催します。全国477 軒が選ばれ た中で、群⾺県内で『ゴ・エ・ミヨ2022』に掲載されたのは⾼崎の「FAN X DALCUORE」と前橋の「⽩井屋ザ・レストラン」の2 店舗だけです。両店のシェフたちがそれぞれの⾷材に対するこだわりや技をおしみなく発揮して、⼀夜限 りの特別メニューをご提供します。

 

ファン・ダルクオーレは、中国料理の星野弘明シェフとイタリア料理の鈴⽊伸朋シェフが、⼀⽫ごとにそれぞれの表現を融合させ、 他に類を⾒ない⾒事なハーモニーを味わえるフュージョン料理を提供しています。⽩井屋ザ・レストランでは、⽚⼭ひろシェフが群 ⾺の地元⾷材を吟味し、郷⼟料理をフランス料理に再構築した上州キュイジーヌに、ソムリエの児島由光が料理にあわせた独 ⾃のペアリングを考案しています。

 

今回の⼀夜限りの饗宴では、ファン・ダルクオーレのスペシャリテ「分解・再構築したカプレーゼ」はもちろんのこと、旬の鮎をつかっ た星野シェフこだわりの料理や、群⾺の郷⼟料理をフランス料理に進化させた⼀⽫など、この⽇のためだけに提供される限定メ ニューを取り⼊れます。メインディッシュは中華、イタリア料理、フランス料理が融合し、14 名のお客様の料理との⼀期⼀会、まさにエンカウンター(出会い)に相応しい、格別のコース料理とペアリングをご提供します。

開催⽇ 2022年6⽉24⽇(⾦) 18:00〜20:00
※現在満席の為、キャンセル待ちになります。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
定員 14名
※お⼦様の来店は13歳以上とさせていただきます。
料⾦ 30,000円/名 (税・サービス料込み)
お料理、ドリンクのペアリング(アルコール&ノンアルコール)を含みます。
内容 料理9品前後
ドリンクペアリング
<料理例>
コンソメ
⾃家製カラスミのカッペリーニ上湯と葱油和えキャビアのせ
分解・再構築のカプレーゼ
OKIRIKOMI
神流川鮎の焼きリゾット鮎上湯スープ
⾚城⽜ 猪豚
とらふぐ焼き⽩⼦⿇婆⾖腐パスタ
海燕のマチェドニア杏仁⾖腐
YAKIMANJU
※当⽇の⾷材調達の都合で、料理内容を変更させていただく場合がございます。
予約お申し込み先 メール: therestaurant【a】shiroiya.com
電話︓027-231-4618
※⾷材アレルギーのある⽅は、事前にお知らせください。
※特別催事のため、お好みではない事由による⾷材変更は致しかねますこと、ご了承ください。

CREATOR
HIROYASU KAWATE

川手寛康。レストラン【フロリレージュ】オーナーシェフ。1978年生まれ。洋食のシェフであった父の影響で、迷わず料理人の道へ。【オオハラ エ シイアイイー】や【ル ブルギニオン】で腕を磨いた後、渡仏し星付き店で修業。帰国後【カンテサンス】のスーシェフを経て、自らの2009年【フロリレージュ】を開店、2015年に移転オープン。世界のベストレストラン50にて39位、ミシュラン東京ガイド二つ星獲得。今最も注目を浴びているシェフの1人。

CHEF
HIRO KATAYAMA

片山ひろ。群馬県出身。【帝国ホテル】でキャリアをスタート。その後フランスや都内のレストランでの修行を経て、地元群馬に自身のレストランを開業。起業家を育成するビジネススクールGIS(群馬イノべーションスクール)を受講し、新たな食の世界での挑戦を決意し、自身の店を閉め、白井屋ホテルプロジェクトに参画。【フロリレージュ】やベルギーの【Hertog Jan】など、国内外の名店での研鑚を経て、白井屋ホテルのメインダイニング【the RESTAURANT】のシェフに就任。

Alas, this website is best experienced vertically.
このサイトは垂直方向の表示でご覧ください。