2022.07.26

MUSIC

Weekend Live at SHIROIYA Vol.1

2022年6⽉26⽇(⽇)に前橋の白井屋ホテルにて、『音楽との出会い「Weekend Live at SHIROIYA Vol.1」』を開催しました。

「Weekend Live at SHIROIYA」は、週末の午後にゆっくりと音楽、食、アートを緑あふれる吹き抜け空間の「ザ・ラウンジ」でお楽しみいただくために白井屋ホテルが音楽のスペシャリストの「CREATIVESCAPE」、「生活と音楽」と共に企画した新たな音楽イベントです。
記念すべき第1回はチケットも完売し、国内のポストクラシカル界を代表するバイオリニスト根本理恵⽒とピアニスト柳平淳哉⽒を迎え、マイクやアンプを⼀切使⽤しない「⾃然な響き」をお客様に愉しんでいただく贅沢なひとときとなりました。

当日は気温35度であったものの、演奏会場は天窓からの光できらめく植栽の緑が涼やかな雰囲気を醸し出していました。

演奏が始まるとバイオリンとピアノの⾳が吹き抜けの天井まで広がり、空間全体を包み込むように響き渡りました。ライブは2部構成で、第1部では昨年リリースされたアルバム「⼩さな灯りと鉛筆で描いた線と」からの楽曲を中⼼に演奏。

幕間には、この⽇の限定メニュー「和む菓⼦ なか⼜」とのコラボスイーツ「ふわ”もこ”わぬき 大人のカシスオレンジキウイ」をご提供し、綿菓⼦を使⽤したビジュアルでテーブルでもすっかり夏を感じていただき、第2部へと進みました。

第2部ではラウンジ内に複数配置されたスピーカーより⾃然⾳が流される中での即興演奏、まるで森や⽥園の中で演奏を聴い ているかのような感覚のまま極上のひとときは終了しました。

ホテルへ⾜を⼀歩踏み⼊れた瞬間に緑豊かな植栽、アートや建築の美しさに圧倒され、たくさんのインスピレーションが湧いてきました。

ライブはアンプラグドでの演奏だったのですが、天井が⾼い吹き抜けの建物内の⾳響が素晴らしく、また天窓からも光が差 し込んできて神聖な気持ちになりました。

⾃然とViolinも上へ上へと向いて、⾳が天に昇っていくような感覚で、本当に気持ち良かったです。

共演した柳平くんのピアノの⾳も、透き通ったお⽔のようで、⽬を瞑ると⽔⾯がキラキラと輝くような景⾊がたくさん思い 浮かびました。

 

根本理恵

 

 

Profile

根本理恵 http://rienemoto.com/

茨城県⽔⼾市出⾝。4歳よりピアノを、6歳よりヴァイオリンを始める。⽇本⼤学藝術学部⾳楽学科ヴァイオリン専攻卒業。 映画監督の岩井俊⼆プロデュースのラジオドラマに楽曲を提供するなどジャンルを問わず幅広いジャンルで演奏活動を⾏う 2021年、1st solo album 『⼩さな灯りと鉛筆で描いた線と』をリリース。

 

柳平淳哉 http://ironomi.com/

1984年⻑野県出⾝。7歳からピアノを始める。⽇本⼤学藝術学部⾳楽学科ピアノ専攻卒業。「季節のさまざまな⾊の実を鳴ら す」ことがコンセプのユニット”いろのみ”として活動。六本⽊ヒルズ、京都法然院など名所旧跡でのパフォーマンスを展開。 アルバム「ubusuna」がタワーレコードのNewAgeランキングでチャート1位を獲得。

 

Text / Shuhei Taniguchi (⽣活と⾳楽)

Movie / Akihisa Yamaguchi

Photo / Fumie Amino

PICK UP

CATEGORY

TAG

Alas, this website is best experienced vertically.
このサイトは垂直方向の表示でご覧ください。