STAY
SPECIAL ROOMS

MICHELE DE LUCCHI ROOM

イタリア建築界の巨匠ミケーレ・デ・ルッキが手掛けた世界に一つだけのスペシャルルーム。「板葺き」という伝統的なテクニックにより、約3000枚の木片によって部屋全体が幻想的な光に包まれます。彼の木という素材に対する敬愛と手作業により生み出された、非日常の空間をお愉しみ下さい。

The 2725 Elements (Room)

日本家屋の屋根にもよく使われる「板葺き(いたぶき)」とは小さな木の板を集めて作る技術のことで、驚くほどシンプルなアイデアに満ちています。この技術の起源は未だにわかっていませんが、
世界中のさまざまな地域で時代を超えて使用され、生産されてきました。

私たち建築家は、秩序だった趣や美意識を生み出すこの板葺きでデザインすることに特別やりがいを感じます。板葺きをいくつも使うことで、複雑に湾曲した球や波のかたちの設計が可能になり、硬い表面をやわらかく見せることができます。板材の間に隙間を設けることで、建築家は空間と距離を自由に行き来し、織物やカーテンのようなシースルー効果を生み出すことができるのです。

私たちはこのアイデアをSHIROIYA HOTELのプロジェクトに起用しました。
小さな部屋のコーナーや縁の部分のみを茅葺き状のカーテンで構成し、
全体的にやわらかさや軽やかさを感じさせる空間になっています。
ここでは、インテリアや彫刻にとどまらず、部屋そのものをアートインスタレーションにしたいと考えました。そのため、2725枚の板材を採用しています。
通常、ホテルの部屋名は数字で識別されるのが一般的ですが、
この部屋は特別な数字を持っている。そこで「2725 エレメンツルーム」と名付けました。

色合いもダークなトーンを選んだことで、表面の素材感と互いに調和し、
穏やかな静けさ、休息、そして良質な睡眠を誘うような感覚を伝えています。

:MICHELE DE LUCCHI

MICHELE DE LUCCHI ROOM

客室サイズ 51㎡
ベッドサイズ クイーン
宿泊人数 2名
バスルーム バスタブ、ハンド/レインシャワー、洗面、トイレ、ヘアドライヤー、バスローブ、バスアメニティ
アメニティ ミニバー、ミネラルウォーター(無料)、電気ケトル、セーフティボックス、タブレット電話、Bluethoothスピーカー、パジャマ、スリッパ

MICHELE DE LUCCHI

ミケーレ・デ・ルッキ
1951 年イタリア、フェッラーラ生まれ。1970 年代から前提的な建築、デザインを牽引。世界の名だたるメーカーの名作家具や照明器具のデザインを手がける一方で、文化的ランドマークとなる建築プロジェクトを国内外で展開。プロジェクトを展開。思想家や革新家などさまざまな専門分野にわたる人材からなる AMDLCIRCLE の創設者で、2018 年より、技術的開発と人文主義的原則を合わせ持つ、未来を共有する建築「Earth Stations」に注力している。

PICK UP

Alas, this website is best experienced vertically.
このサイトは垂直方向の表示でご覧ください。